日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

マンツーマン指導

 今回はラッソーガードからのスイープ、エビの基本、S字マウントからの十字固めを学んだ。ラッソーガードからのスイープは相手が座ってるときと立った時の2種類を学んだ。座ってるときは巻いたほうに両足を差し込んで相手が前のめりになったら、巻いてないほうの手で相手のズボンのたわみをつかんでスイープ。相手が立った状態では座った時と同様ラッソーの巻いている足を肩甲骨に、巻いてないほうの足を相手の腹に、相手の足を手にとって相手の足に頭を向けた向きからスイープ。抑え込まれたときのエビの基本は連打である。タイミングよく一発だけエビをやるという方法は初心者はやってはいけないことだ。というのはそういう方法はプロの格闘家等よっぽど上手い人でないと逃げられない。そのために抑え込まれたらエビを何回も行い、エスケープするのが重要である。S字マウントからの十字固めは自分からのリクエストでマウントからの十字固めを防がれたときにどうしていいのかわからなかったのでこの技をやるべしと教わった。S字マウントといえば無料体験の時に学んだが忘れてしまった技である。S字マウントで重要なのは相手の足を挟み込むことである。そこから隙間が生まれて十字固めをかけやすくなる。この十字固めを防がれたら、またマウントに戻って十字絞めを行う。つまり、技を同時並行で行う方法を知ったのである。

 スパーリングでは今回はフィニッシュの技を3つにしぼって、すなわちアームバー、十字絞め、フットロックの三種を中心にスピード重視のスパーリングであった。指摘されたのが打ち込みで行うトレアドールパスとは違う足の方向でパスガードを狙いに行ってしまうという点だ。無意識的にパスガードをしていた。次回は技を絞らないで考えながらスパーリングをやる回と決めているのでパスガードの足を打ち込みと同じ方法で行うことを意識的にやりたい。フットロックは雑になってしまい、相手のかかとのカーブしている部分を持つということを意識できなかったためかかからないことが多かった。今回は参加人数も少なかったこともあり、いろいろな人に技を教わることが多かった。ゴールデンウィーク気分で休まなかったことを誇りに思いたい。

エビをやり直し

 今回は抑え込みからの逃げ方について学んだ。とはいっても途中参加であるのであまり技は学べなかった。袈裟固めの場合は、足を絡めて、絡めてないほうの足をブリッジして逃げる。横四方固めの場合は、脇をさして両手をクラッチして顔を押して返す。マウントは、ブリッジをして相手の浮き上がった両足をフックして戻してガードポジションへ。

 スパーリングではとにかく押さえられた時のエビのフォームがだめだった。それはもっと尻の位置を大きく動かすようなやり方でないと逃げられない。今までは腰の位置を変えるように意識してたが、大事なことは尻の位置だった。腰にばかり注意が行くと、小さめのエビになってしまう。だから自分は抑え込まれたときに全くといっていいほど逃げられなかった、また、途中参加であるとはいえ、今回学んだテクニックはとても重要だ。

ミニマル技

 今回の練習では各種技の打ち込みを行った。その内容は、クローズドガードからのアームロック、十字絞め、腕十字、三角絞めである。それに加えてフットロックの打ち込みを行った。この中で難しかったのは腕十字である。クローズドガードからの腕十字はグラップリングもやってたこともありフォームが違った。まず今まで行ってきたマットを蹴ってからの腕十字では、相手に技がバレにくいというメリットがある反面、深く入りにくいという欠点が個人的にはある。そこで、腰を蹴って腕十字という方法に変更した。すると今まで決まるのに時間がかかった腕十字があっという間に決まるではないか。これはフォームを改善する余地があるだろう。続いてフットロックは足の置き方はいろいろあるもののとりあえず臀部と股間に足をフックして決めるという方法を採用したい。

スパーリングではフットロックを速く決めるという目的の中行った。その結果自分の中での技のビッグ3が決まった。それは十字絞め、ストレートアームバー、フットロックである。とりあえずこの3つの技に絞ってスパーリングをすると迷いがなくなり、動きが良くなるのが実感される。また、抑え込まれたときは半身になることが重要だと教わった。このおかげでアメリカーナ等サイドからの決め技をかけにくくさせるという利点があった

前回に続き

  今回はニーオンザベリーのかけ方について学んだ。前回も学んだような気がするがブログには書いてなかったような気がする。まず。サイドポジションから一気にニーオンザベリーをかける。ニーオンザベリーというものの実際に圧をかける場所は相手のみぞおちがいいという。ニーオンザベリーは乗せてないほうの足が遠すぎると簡単に逃げられてしまう。そこで適切な位置に調節して相手が逃げてきたら奥足でバランスをとってキープする。これでも相手が半身になって逃げるようであれば逆膝にスイッチするのがよい。ニーオンザベリーはポイントが入るが、技をかけられないと膠着してしまう。そこで相手が半身になったときはコムロックを仕掛ける。あるいは腹筋を使って起き上がってきたら引き寄せるように十字締めを行う。この十字絞めは普段のマウントポジションからの十字絞めとは違い片方を逆手で持つことがポイントである。

 スパーリングは3本くらいしかできなかった。特に課題になったのが、パスガードがトレアドールパスとかみつきパスしか頭の中になかったことだ。ニースライスパスや相手の膝を足で挟むパスガード等を頭の中に入れていなかった。

逃げ方あれこれ

 今回は三角絞めからの逃げ方を学んだ。まず三角絞めに入りかかった状態には手を組んで押し返す。または胸を張って隙間を作ってそこから手を組む。三角絞めに入ってしまったら体重をかけて膝を相手の腹に押し付ける。または抑え込みの要領で下がって脇を閉めながら体重をかけて解除。以上のようにうまく言葉では説明できない。

 スパーリングはやってみたかった片方ラッソー、もう片方デラヒーバーガードのオープンガードがデラヒーバーガードのほうに膝を入れられて不発だった。今まであまりyoutubeの技解説動画を見てなかったがラッソーからの派生を見た点で前回の反省を生かすことができたのではないか。また、迷うことも前回よりは少なくなったと思う。そして本日の大きな収穫はマウントからのアームロックをするふりをして素早く十字締めに切り替えるという方法がうまくいった。このように技を同時並行で考えられるようになったのは反省を生かせたのではないか?と思っている。ただ、今回の反省点として足が利く相手に対して担ぎパスガードしか狙えなかったという点と、フットロック(アキレス腱固め)を積極的に狙いにいかなかった点にある。

最近流行っているパスガード

 今回は2種のパスガードを学んだ。初めに、相手が寝た状態で自分がパスガードを仕掛ける場合において相手の片足を自分の両足で挟んだ際のパスガードである。ここから、相手の両襟をもって抑え込みたい方向の腕をアームドラッグしてニースライスパスのようなことをする。もう一つのパスガードはここから派生して飛び越えるような感覚で肘と膝で相手の太ももを制してパスガード。最後に、某柔道部の秘伝の技を学んだが、これは割愛。

 スパーリングでは腕十字で決められることが多かった。腕十字のディフェンスというよりは腕十字の空間に入らないようにすることを考えるべきだ。そのためにはマウントをとられないように足を絡める、あるいは腕十字を警戒して腕を組むなどといった対処がなされていなかった。また、自分のさぼりであるがラッソーガードからの派生を忘れてしまったので動画や本で学びなおすということも大事だろう。ラッソーガードをとって満足するのではなく、そこから派生した技を狙うように心がけたい。また、どういう技をかけようか迷ってしまう悪い癖があるので迷わずに一つの技に絞りたい。

サイドからマウントへ

 今回はサイドポジションからのマウントを学んだ。自分が抑え込まれているときはすぐマウントを取られてしまったがその防御方法も学ぶことができた。それは、足を曲げてさらにその上に足を乗せるというものだ。これでマウントへの移行を難しくする。しかしながらその防御方法をくぐりぬける技を学んだ。それは、崩れ袈裟固めから相手が足を曲げてマウントに移行できない場合に自分の足をつかんでマウントに移行する技である。あるいは相手が足を曲げてさらにその上に足を乗せてるときはその曲げてる足に手を通してマウントをとるというやり方だ。続いて袈裟固めからマウントへの移行方法は自分の腕を相手の頭に枕のようにして別の腕はお互いに取り合うという状況において近いほうの足を一気に相手の肩の横まで移動させるという方法だ。

 スパーリングはなぜかよくわからないがかなり疲れていたため3本しかできなかった。その中ではベリンボロかマトリックスかよくわからないが簡単にバックを許してしまった。また、草刈りスイープをよく食らってしまった。また、デラヒーバーガードのかけかたがよくわからず迷っているうちにパスガードを許してしまうということもあった。