日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

ブラジリアン柔術の道場を体験してきた

 見学とは違い、今回は体験だ。体験を終えてとても疲れた。道場に行ってから基礎運動をしたが、エビを20回した程度でばててしまった。体力のなさを実感。続いて会員の方からの基礎運動の指導、その後はパスガードからの肩で首を決める技を学んだ。パスガードは左手で左骨盤、右手で右ひざ関節を抑えて左ひざで相手の足を制しながら横四方固め。そこで脇をさされた場合腕を枕にして相手のラペラを引き出し右手でラペラをつかむ。そこから右足で床を蹴りながら肩で首に体重をかけて決める。こんなような感じだったと思う。スパーは自分が道着を着てないこともあり、グラップリングだった。3回くらいスパーリングをしたと思う。反省点は、焦りすぎたということだ。技を早くやるよりも色帯の人は待っててくれるので、そこで呼吸を整えたり、基本的な動きの確認をしたほうが向上につながるであろう

 次回は入会だ。道着はもう買ってしまったが、上は袖が余り、下はひもが結びにくいという状態になってしまった。下はどうしようもならないので仕方ないが、道着の上はまくっても大丈夫なのか、ということが気になる。