日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

ブラジリアン柔術 練習1回目

 ブラジリアン柔術の会員になって1日目。始まる前はパスガードの打ち込みをした。体力がないもので10回おきにばててしまった。とにかく、体力をつけなければならないと思う場面が多々ある。パスガードの反省点としては、全部右から入ってしまったことだ。スパーリングなどでは、相手の利き足が違うかもしれないということを想定していなかった。続いてS字マウントからの十字固めを習った。S字マウントとは普通のマウントポジションとは違い、上から見たら足がSの字になっている状態だ。うまく言葉で説明できないどころか動画で見ても理解できない。しかしここで焦ってしまうと混乱するのでわからないことはわからないと素直に認める。もちろんそこから移行する十字固めもわからない。ただ、胸を張って決めるというフィニッシュのポイントはかすかに覚えている。フィニッシュは印象が強いという点で覚えやすいのだろうと思う。そこから逆算して終盤、中盤、序盤という予想を立ててわからない技を考え直すことが重要だと感じた。この方法だと、特に中盤が難しい。なぜなら教えてもらった記憶が飛んでいるからだ。ここで、メモ帳の必要性が増してきた。メモを取らなければ教えてもらったことを忘れてしまうことがほとんどだろう。

 スパーリングは5回くらいやったと思う。以前よりは積極的に話しかけられたと思うがそれでもまだ消極的だった。スパーリングの反省点として、スパイダーガードの解除の方法、ハーフガードをかけられたときの足の抜き方、バックを無理やりとらないこと、等々が思い浮かぶ。いずれも本やネット上の動画で確認できるが、みんなのスパーリングを観察して学ぶ面も大切だ。