日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

体力がついた

 前回の練習は鬱で書けなかった。今回は基礎運動を終えるとクローズドガードからの三角絞めと腕十字を学んだ。総合格闘技をほんの少しかじっていたこともあって慣れている技だと思いきやうまく決まらない。特に三角絞めがだめだった。しかしコツをほんの少し覚えた。それは、クローズドガードの状態から三角絞めを行うとき、直線的に技をかけると決まらないということだ。かけるときはやや相手から少しズレて決めるのがコツだ。いずれにせよ、足の長さや太さによって個人個人フォームが違うので自分で工夫して技をかけるということが重要だ。基礎運動の三角絞めのムーブが雑であったことを反省。続いて代表からクローズドガードの割り方を教えてもらった。肘で相手の押されたら痛いところを押すやりかたしか知らなかったが、今回は2つ新たに知ることができた。勢いよく立ち上がってニーオンザベリーを狙うと外れるやり方と、帯ベースで正座して下がるというやり方だった。最後に教えてもらった技がある。それはサイド→マウント→腕十字のやり方だったが細かいことは忘れてしまった。腕十字もまた、相手が手を組んでガードをしているときに直線的に力で外すのではなく、相手の腕を斜めに向けたほうが外れやすい。

 スパーリングは4本くらい行った。その中で自分で言うのも難だが、成長したところが見えてきた。それはスパーリングの間にバテず中断ということがなくなったことだ。最初は5分のスパーで2回から3回ほどバテて中断ということになったが、今回はそういうことがなくなった。