日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

超難関技

 道場に遅めについた、と思ったら電気がついてない。なぜだか一番乗りに。基礎運動を行ったが横エビを忘れていた。また、逆エビのフォームがよくわからないので動画なりを見ようと思った。続いて技の講習ではかみつきパスガード、担ぎパスガード、フットロックの打ち込み。担ぎパスガードを失敗したときのレッグドラッグを学んだ。かみつきパスガードは前にも学んだが忘れてたポイントがいくつかあった。それはかみついてないほうの足を抱えて相手の中心に持っていくことだ。この重要な点を忘れていてかみつきパスガードはスパーリングで未遂に終わっていたのだ。担ぎパスガードも前回習ったが、胸を張るというポイントを忘れていたため、スパーリングでは三角絞めを受けるということになっていた。フットロックの打ち込みはいまいちフットロックの足の位置がわからなかった。こういうところは他人のスパーリングを見て学ぼうと思った。最後に、かつぎパスガードを失敗したときのレッグドラッグが難しかった。それは、青帯の人でさえ実際にやってみるとわからないほどに。いわゆるモダン柔術だろうか、うまくいけばバックをとれるらしい。また、この技には名前がついてないそうだ。技の手順としてはうろ覚えだが、担ぎパスガードが失敗したとき、自ら倒れて相手の奥の足を太ももで挟む。そこから奥の襟をつかんでサイドに回るといったところだろうか。

 スパーリングは3本しかやらなかった。それは道場に行く前、空腹でパンを食べてしまい腹の調子が悪くなってしまったからだ。スパーリングの内容については忘れてしまった。だが、パスガードの際に相手の片足を両手で持った後何をしていいのかがわからないという課題が見えてきた。