日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

バックチョークは手の甲で

 2回も練習に行かなかったから今回は行くべきだと自分を奮い立たせた。2回行かなかっただけで基礎運動はかなり辛い。今回は体験の方が来て技の説明は初歩的なものへ。しかしその中でも学ぶことが多かった。まずパスガードは相手のズボンを掴むということだ。わかっていてもスパーリングではグラップリングをやっていたこともあり、膝を掴んでしまうのだ。また、横四方固めに関してもまだまだ腰の位置が高く、相手の膝のほうのズボンを掴む。そういったポイントを忘れていた。マウントからの十字絞めは、相手に返されないようにまず相手の横に手を這わせるということも忘れてた。

 スパーリングはパスガードの攻防が多かったと思う。トップからはなかなかサイドに回れず、かみつきパスガードを行うと相手の片方の足をそのままにしておいて三角絞めを食らうなどまたも忘れている点が多い。ボトムからは、ズボンを掴まれたとき足回しを忘れていてパスガードを受けるということが多かったが、アドバイスしてもらい気付くことができた。前回はボトムから腕を掴むとバスガードしにくいとのアドバイスをしてもらったのでそこは今回の練習の中の唯一よかった点といえるかもしれない。最後に、バックチョークは手のひらで相手の頭を押すという自分の中の常識だったものが間違っていた。バックチョークが決まらなかったのもそれが原因かもしれない。どういう原理で決まるのかを考えるのは置いて、とにかくバックチョークの後ろの手は手のひらではなく甲で。それが一番の収穫だった。