日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

クローズドガードからの

 今回はクローズドガードからの攻めを学んだ。まず、クローズドガードの下の状態においてなんとか相手の手を床につけたい。そういう時に万歳をする形で相手の手を床につける。そこから相手の襟をつかんで帯をとる。そこからキムラロックが決められる。または相手は頭を上げてきたときには十字締めを行う。またはラバーガードのような状態にして相手が前転せざるを得ない状態にして腕十字を決める。ここに共通することはクローズドガードにおいて相手の手を床につけたいから自分が万歳をする形で持たれている帯や襟のグリップを切るということである。

 スパーリングは多めにやった。お互い立った状態で自分が何をするかわからないという状況において組んだらハンドル操作のように相手にゆさぶりをかけ、足を刈るところとタックルに入りたいときには、組んだら下に引っ張ってタックルの形に入るということを教えてもらった。スパーリングの反省点としてはグリップの強い相手に片方の腕だけで離そうとするからグリップが切れないというところだろう。ここから両腕でグリップを解除するということを忘れていた。また、スパイダーガードをかけてみたが巻きスパイダーガードになってないほうの足を簡単に解除されてしまうことだ。あるいはキックの力が足りなくて片方だけ巻きスパイダーになりパスガードを許してしまうというところだ。スパイダーガードをかけたから満足するのではなく、そこから攻撃を仕掛けるということを考えていなかった。