日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

引き込みは正面からではない

 今回は引き込みと草刈りを学んだ。スパーリングではいつも正面から引き込みをしてすぐパスガードされるという事態になっていた。今回教えてもらったのは、袋掴みで相手の両手の袖を取って、相手の正面に立たず右足を前に出して左足で腰を蹴り、横を向くイメージで倒れて引き込むという方法だ。腰を蹴るときは足の先が外側であるところがポイントである。続いて草刈りは引き込みを行った状態から手でかかとをもって腰を押してフックしている足で引くという方法である。草刈りで相手をテイクダウンしたら柔術立ちを行うまでが大事である。簡単に言えば手とフックしている足は引いて腰に当ててる足は押すという方法だ。

 スパーリングは4回ほどやった。その中で相手がマウントを取られまいと半身でガードしてくる状態になることが多かったのでどうやって対処したらいいのかがわからなかったが、そこから腕十字を狙ったほうが良いということを教えてもらった。また、フットロック(アキレス腱固め)を決められることが多かったのでガードの方法を動画なり本なりで見なければならない。最後に、引き込みの動きの際に自分の股関節がとても固いことがわかった。道場に入って着替えたら股関節のストレッチをまず先にやるように努めたい