日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

コミュ障

 今回はクローズドガードからの腕十字と三角絞めのディフェンスを学んだ。腕十字のディフェンスは肘を曲げて相手の襟をつかむところは普段のディフェンスと共通しているが、クローズドガードからだと担ぎパスガードのように相手の体をつぶしてサイドを狙うというものだった。また、三角絞めのディフェンスはコツをつかまないと難しく思い通りにいかなかった。まず三角締めを受けたら横に倒れて腹ばいになり、肘で相手の太ももを押し、解除というものだった。

 スパーリングは思うように自分から積極的にいけず回数が少なかった。その中でも課題が見えてきた。それは、サイドになったらどう攻めていいのかわからないという問題だ。また、サイドになろうとしても押し返されたりするのでそういったところを色帯の人に訊くようなコミュ力が欲しい