日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

体が動かない

 今回はクローズドガードの割り方とクローズドガードからのキムラロックとその防御を学んだ。クローズドガードの割り方はまず、帯をつかんでそれを上げて、相手の片方の手をつかみながら肘でプレッシャーをかけて立ち上がる。ここで草刈りスイープを警戒して両足を揃えず立ち上がる。両肘でクローズドガードを割るといった感じだ。キムラロックのかけかたはすぐ巻き付くのではなく、かけないほうの手で肘で相手の肩に圧力をかけて決める。自分は今までかけるほうの手で巻き込むようにかけてたからなかなかかからなかった。いきなりかけるのではなく、そういった準備が必要だった。キムラロックの防御方法として、緊急的に脱出する場合は前転。しかし、かかりが浅い場合にはクローズドガードの状態の相手に肩で首に体重をかけてクローズドガードを解除する方法である。

 スパーリングは思ったように体が動かなかった。まず、相手がかける技の反応にたいしていつものような動きができなかった。距離をとらなかったためにグリップの応酬となってしまった。なかなかタックルをできないなど課題は多くあった。