日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

ズボンが破れた

 今回はスイープ全般を学んだ。シザースイープは相手の腕をつかむこと、返すほうの足の高低差が重要だった。次に学んだ名もなきスイープはクローズドガードの下の状態から組んでる足であおってズボンのたわみを作ってそれを掴んだらスイープするというものだった。続いてハーフガードからのスイープは相手を引っ張って抵抗したらその勢いで返すというものだった。最後の技は全く言語化できないほど難解だった。

 スパーリングは二本しかやらなかった。1回目は相手にS字マウントからの十字固めを受けてしまったのが印象的だ。そうならないためにはマウントを取られたら手を伸ばしてはいけないということを念頭に置くことが大切であろう。スパーリング2回目でズボンが破けてしまった。それは、小さいサイズを着ているので限界が来てしまったことや、もともと縫製が弱かったような感じがする。この二点である。