日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

サイドからマウントへ

 今回はサイドポジションからのマウントを学んだ。自分が抑え込まれているときはすぐマウントを取られてしまったがその防御方法も学ぶことができた。それは、足を曲げてさらにその上に足を乗せるというものだ。これでマウントへの移行を難しくする。しかしながらその防御方法をくぐりぬける技を学んだ。それは、崩れ袈裟固めから相手が足を曲げてマウントに移行できない場合に自分の足をつかんでマウントに移行する技である。あるいは相手が足を曲げてさらにその上に足を乗せてるときはその曲げてる足に手を通してマウントをとるというやり方だ。続いて袈裟固めからマウントへの移行方法は自分の腕を相手の頭に枕のようにして別の腕はお互いに取り合うという状況において近いほうの足を一気に相手の肩の横まで移動させるという方法だ。

 スパーリングはなぜかよくわからないがかなり疲れていたため3本しかできなかった。その中ではベリンボロかマトリックスかよくわからないが簡単にバックを許してしまった。また、草刈りスイープをよく食らってしまった。また、デラヒーバーガードのかけかたがよくわからず迷っているうちにパスガードを許してしまうということもあった。