日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

最近流行っているパスガード

 今回は2種のパスガードを学んだ。初めに、相手が寝た状態で自分がパスガードを仕掛ける場合において相手の片足を自分の両足で挟んだ際のパスガードである。ここから、相手の両襟をもって抑え込みたい方向の腕をアームドラッグしてニースライスパスのようなことをする。もう一つのパスガードはここから派生して飛び越えるような感覚で肘と膝で相手の太ももを制してパスガード。最後に、某柔道部の秘伝の技を学んだが、これは割愛。

 スパーリングでは腕十字で決められることが多かった。腕十字のディフェンスというよりは腕十字の空間に入らないようにすることを考えるべきだ。そのためにはマウントをとられないように足を絡める、あるいは腕十字を警戒して腕を組むなどといった対処がなされていなかった。また、自分のさぼりであるがラッソーガードからの派生を忘れてしまったので動画や本で学びなおすということも大事だろう。ラッソーガードをとって満足するのではなく、そこから派生した技を狙うように心がけたい。また、どういう技をかけようか迷ってしまう悪い癖があるので迷わずに一つの技に絞りたい。