日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

前回に続き

  今回はニーオンザベリーのかけ方について学んだ。前回も学んだような気がするがブログには書いてなかったような気がする。まず。サイドポジションから一気にニーオンザベリーをかける。ニーオンザベリーというものの実際に圧をかける場所は相手のみぞおちがいいという。ニーオンザベリーは乗せてないほうの足が遠すぎると簡単に逃げられてしまう。そこで適切な位置に調節して相手が逃げてきたら奥足でバランスをとってキープする。これでも相手が半身になって逃げるようであれば逆膝にスイッチするのがよい。ニーオンザベリーはポイントが入るが、技をかけられないと膠着してしまう。そこで相手が半身になったときはコムロックを仕掛ける。あるいは腹筋を使って起き上がってきたら引き寄せるように十字締めを行う。この十字絞めは普段のマウントポジションからの十字絞めとは違い片方を逆手で持つことがポイントである。

 スパーリングは3本くらいしかできなかった。特に課題になったのが、パスガードがトレアドールパスとかみつきパスしか頭の中になかったことだ。ニースライスパスや相手の膝を足で挟むパスガード等を頭の中に入れていなかった。