日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

ミニマル技

 今回の練習では各種技の打ち込みを行った。その内容は、クローズドガードからのアームロック、十字絞め、腕十字、三角絞めである。それに加えてフットロックの打ち込みを行った。この中で難しかったのは腕十字である。クローズドガードからの腕十字はグラップリングもやってたこともありフォームが違った。まず今まで行ってきたマットを蹴ってからの腕十字では、相手に技がバレにくいというメリットがある反面、深く入りにくいという欠点が個人的にはある。そこで、腰を蹴って腕十字という方法に変更した。すると今まで決まるのに時間がかかった腕十字があっという間に決まるではないか。これはフォームを改善する余地があるだろう。続いてフットロックは足の置き方はいろいろあるもののとりあえず臀部と股間に足をフックして決めるという方法を採用したい。

スパーリングではフットロックを速く決めるという目的の中行った。その結果自分の中での技のビッグ3が決まった。それは十字絞め、ストレートアームバー、フットロックである。とりあえずこの3つの技に絞ってスパーリングをすると迷いがなくなり、動きが良くなるのが実感される。また、抑え込まれたときは半身になることが重要だと教わった。このおかげでアメリカーナ等サイドからの決め技をかけにくくさせるという利点があった