日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

エビをやり直し

 今回は抑え込みからの逃げ方について学んだ。とはいっても途中参加であるのであまり技は学べなかった。袈裟固めの場合は、足を絡めて、絡めてないほうの足をブリッジして逃げる。横四方固めの場合は、脇をさして両手をクラッチして顔を押して返す。マウントは、ブリッジをして相手の浮き上がった両足をフックして戻してガードポジションへ。

 スパーリングではとにかく押さえられた時のエビのフォームがだめだった。それはもっと尻の位置を大きく動かすようなやり方でないと逃げられない。今までは腰の位置を変えるように意識してたが、大事なことは尻の位置だった。腰にばかり注意が行くと、小さめのエビになってしまう。だから自分は抑え込まれたときに全くといっていいほど逃げられなかった、また、途中参加であるとはいえ、今回学んだテクニックはとても重要だ。