日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

マンツーマン指導

 今回はラッソーガードからのスイープ、エビの基本、S字マウントからの十字固めを学んだ。ラッソーガードからのスイープは相手が座ってるときと立った時の2種類を学んだ。座ってるときは巻いたほうに両足を差し込んで相手が前のめりになったら、巻いてないほうの手で相手のズボンのたわみをつかんでスイープ。相手が立った状態では座った時と同様ラッソーの巻いている足を肩甲骨に、巻いてないほうの足を相手の腹に、相手の足を手にとって相手の足に頭を向けた向きからスイープ。抑え込まれたときのエビの基本は連打である。タイミングよく一発だけエビをやるという方法は初心者はやってはいけないことだ。というのはそういう方法はプロの格闘家等よっぽど上手い人でないと逃げられない。そのために抑え込まれたらエビを何回も行い、エスケープするのが重要である。S字マウントからの十字固めは自分からのリクエストでマウントからの十字固めを防がれたときにどうしていいのかわからなかったのでこの技をやるべしと教わった。S字マウントといえば無料体験の時に学んだが忘れてしまった技である。S字マウントで重要なのは相手の足を挟み込むことである。そこから隙間が生まれて十字固めをかけやすくなる。この十字固めを防がれたら、またマウントに戻って十字絞めを行う。つまり、技を同時並行で行う方法を知ったのである。

 スパーリングでは今回はフィニッシュの技を3つにしぼって、すなわちアームバー、十字絞め、フットロックの三種を中心にスピード重視のスパーリングであった。指摘されたのが打ち込みで行うトレアドールパスとは違う足の方向でパスガードを狙いに行ってしまうという点だ。無意識的にパスガードをしていた。次回は技を絞らないで考えながらスパーリングをやる回と決めているのでパスガードの足を打ち込みと同じ方法で行うことを意識的にやりたい。フットロックは雑になってしまい、相手のかかとのカーブしている部分を持つということを意識できなかったためかかからないことが多かった。今回は参加人数も少なかったこともあり、いろいろな人に技を教わることが多かった。ゴールデンウィーク気分で休まなかったことを誇りに思いたい。