日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

スパーリング8本はきつい

 今回、といっても昨日の練習は新規会員が入ったということで基礎運動。8ポジションという抑え込み8つがあるのだが、以前よりスピードが上がっていたような気がする。エビや逆エビで道場を端から端まで行くのが結構きつい。

 スパーリングは学ぶものが多かった。まず相手の脇をさしてコントロールするのは立ったままでも寝たままでも重要である。脇をさされるとうまく身動きが取れずに相手に有利なポジションとなる。

 また、ラッソーガードからのスイープはうまくなったと言われたがラッソーの掴んでる手のグリップがまだ弱いこともあり、袋どりに意識を向けようと思った

 S字マウントの十字固めは相変わらず太ももの挟みが足りなく、決めることができなかった。個人的な戦術としてマウントポジションで十字固めを狙って失敗したらS字マウントからの十字固めを狙うという方法だ。

 前回の練習の話だが、相手に抑え込まれたら絶対に背中をべったりつけてはいけないということを学んだ。これは脳に刻んでおきたいほどの知識だ。背中をべったりとつけないだけの状態、それは仰向けから若干左右を向けるといったほうがいいだろうか。その状態であれば腕がらみの腕が出にくくなり、技の猛攻を止めることができる。

 

最後に、試合に出るか迷っている。割と出場費は高いほうだ。お恥ずかしながら銀行振り込みというものがよくわからない。そういった心にブレーキをかける要素もあるが、とりあえず試合に出てみることは大事だ。なぜなら、試合に出て勝ったら、おそらくストライプ一本巻かれる可能性もなくはないし、負けても、なにがいけなかったと得意不得意が見つかり、修正が利くからだ。