日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

夏は動きが鈍くなる

 今回はパスガードの攻防で下になったときの方法を学んだ。まず、共通するのは相手が足をつかんだときに相手の奥足を蹴って後ろに移動させることである。そこから、相手の前足を自分の片方の足でフックして相手の袖と襟をつかみ、振り子の要領でバックをとる、または耐えてきたらテイクダウン等々。

 スパーリングはあまり動けなかった。パスガードを積極的に行えなかった。クロスグリップパスガードやかみつきパスガードを狙いに行けなかったのが残念である。相手に襟や袖をつかまれたときに反応が遅く、外している最中にさらにつかまれるといった具合である。テイクダウンもタックルをあまり狙えなかった。全体として勇気が欠如した回なのでは?と思った。色帯の人がラペラをうまく使って自分の動きを制されていた場面が多かったのでそういった技に対してどう対策を立てるのかが課題になった。