日記帳2

ブラジリアン柔術の練習日記

僕には十字絞めしかないんですよ

 今回の練習はクローズドガードからのスイープ、またはラッソーガードからのスイープを学んだ。クローズドガードからのスイープは一旦解除して片膝で相手を前のめりにさせて体重が乗ったところでもう一方の足で押す、あるいは刈ってスイープ。ラッソーガードからのスイープはラッソーをかけた状態でかけているほうの足にもう一方の足を入れ、相手の逆側の膝をもって前のめりにさせてスイープ。

 スパーリングは試合も近づいているのでテイクダウンまたはクロスグリップパスガード→サイド→マウント→十字絞めという得意技のルートを練習するようにと言われたので何度も狙いに行った。十字絞めは個人的に得意な技である。それを実現するためにはまずパスガードであるが、そのパスガードでは相手を崩すという過程を忘れていた。サイドからのマウントはだいたい見破られているので腕がらみを狙っているように見せかけることが重要。マウントはよく返されてしまうのでキープすることを心掛けたい。十字絞めといっても、いきなり狙いにいけばガードされるのがオチであるからS字マウントからの十字固めや腕がらみを狙っているように見せかける、もちろんそれで決めてもいいが技を同時並行でやる感じでいきたいと思う